最新情報

【遊戯王】抹殺の指名者の効果が判明!これは墓穴の指名者レベル!?

こんにちは!シングです。

今回は抹殺の指名者のテキストが判明したので、色々見ていきたいと思います。

5月21日に発売されるVジャンプ 7月特大号発売の付録ですね。

「~の指名者」なので性能にかなり期待がかかっていましたよね。

抹殺の指名者の効果

抹殺の指名者
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:カード名を1つ宣言して発動できる。宣言したカード1枚をデッキから除外する。ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

カード名を1つ宣言し、宣言したカードをデッキから除外。

ターン終了時まで除外したカードと同名カードの効果は無効化されます。

自分のデッキを圧縮しつつ、手札誘発などを無効にできるので、墓穴の指名者レベルで強いですね。

灰流うらら、増殖するGなどの汎用手札誘発は自分のデッキにも採用することはほとんどですしね。

墓穴の指名者の4枚目以降としてもガチデッキに採用される可能性があるのではないでしょうか?

逆に墓穴の指名者を除外して、相手の墓穴も対策できるのもいいですよね!

1ターンに1回しか使えないので、指名者の4枚目以降なら手札でダブらないように1~2枚採用する感じですかね。

墓穴の指名者で対応できない無限泡影やファンズメイにも有効ですね。

これらのカードは墓穴の指名者が効かないという点でもかなり優秀で、ジワジワと高騰し続けています。

抹殺の指名者の採用が増えたらデッキに入れる手札誘発をうまくばらして構築する人もでてきそうです。

基本身内でしかやらない自分は後出しでラットの使う誘発を仕込みますw

ガチ環境ではミラーマッチでも有利に!

にわかなのであんまり詳しくは書けないですが、大会のミラーマッチでもかなり活躍しそうです。

デッキの初動になるカードやこれ止められるときついなってカードは使っている自分が一番分かっていると思うので、妨害タイミングもつかみやすいはず。

数が多いデッキで大会に臨む場合は抹殺の指名者は必須になってくるかもしれません。

除外で何か悪用できない?


 抹殺の指名者は手札誘発やミラー対策がメインですが、任意のカードをデッキから除外できるカードとも言えます。

封印の黄金櫃が制限カードなので、除外をキーとするデッキには2枚以降としても使える場面があるかもしれないですね。

サンダードラゴンは除外をメインに戦うデッキですが、無効になってしまうので能動的に使うのは微妙?

今はぱっと思いつきませんけど、何か有効的に使えるデッキがあるかも?

Vジャンプ7月号は戦争か?

Vジャンプ7月号が発売される5月21日は戦争になりそうです。

とりあえずデュエリストは絶対3枚確保はしておきたいですね。

完全なメタカードですが実用性がかなりありますし、Vジャン付録はいつ再録されるか分からないので…

まぁ魔法カードなので再録はいつでもしやすいとはおもいますけどね。

アンクリボーやカクリヨノチザクラは悪く無い性能であったものの、絶対デッキに入れなきゃいけないカードというわけでもないのでそこまで急ぐ必要はありませんでした。

今回は羽箒の20thシクの応募もありますし、転売目的で買う人が多いのではないでしょうか?

油断していると初日で普通に売り切れはあると思います。

自分はとりあえず所持デッキの半分くらいに入れられるくらいには確保する予定です。

地元の本屋では適当に行けば買えるはず(笑)

 

ABOUT ME
シング
シング
ブログの管理人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です