デッキ紹介

【遊戯王】後攻ワンキル特化型サイバーデッキ

副管理人のラットです。

今回は自分が使っているサイバードラゴンデッキを紹介させて頂きます。

細かい所は環境や好みですぐに変わってしまいますし、恥ずかしいので叩き台程度に考えて下さい。笑

デッキコンセプト

サイバー流の王道、後攻ワンキルを狙います。先攻デッキの方が多い環境なら、高い確率で後攻を引けますね。

先攻1ターン目に手札誘発で最大限邪魔をして、返しでブチギレて削り切るゲームプランを意識して構築とプレイングをやっています。

デッキレシピ

コンセプトを通すために、手札誘発と展開カードで大部分を構築していきます。

回し方

後攻時

難しいルートなどは特にないです。引いたカードを全部出して、打点が高くなるようにEXのカ―ドを選んでいきます。

メガフリートはほぼ必ず経由すると思いますが、その他ゲニウスやランページで相手のカードに触ってみたり、インフィニティを立ててから動く工夫は、カ―ドを握れば自然とわかると思います。

不安要素がある場合も、基本は突っ込みましょう。ブラフの可能性もありますし、中途半端にターンを渡す方が勝ち筋が薄くなる事が多いです。

先攻時

手札誘発とインフィニティとオーバーフローでお祈りします。

次のターンの為にコアを手札に持っておきたいのですが、ヘルツのタイミングを考えると何とかなる事が多いです。

カ―ド毎の解説

メインデッキ

サイバードラゴン

例えこのカードであっても、メインの枠はシビアに見ていかないといけないと思います。

とは言うものの、メガフリートを見せられるようになったのが大きく、打点、素材としても優秀で3積みしています。

サイバードラゴンコア

一番のキーカードで、召喚権は絶対にコイツに使いたいです。

サイバードラゴンネクステア


盤面に一気にカ―ドを増やせてワンキルに貢献する「サイバー・ドラゴン」カードです。

このデッキは1枚からそれぞれで動けるカードが多いので、コイツの展開力は必須ではないと判断しました。いざとなればサーチ出来ますし、苦渋の決断で1枚削りました。

デュエルが長引いた時、インフィニティを蘇生する神カードに化けます。

サイバードラゴンヘルツ

コアと並んでキーカードです。コイツを絡められないと息切れしやすいです。

銀河戦士

名誉サイバードラゴン。カード名に「サイバードラゴン・銀河戦士」って書いてない方が不自然に感じるレベルです。融合カ―ドを引けない時は、主にノヴァで火力を出す事になるので、優先度は高いかと思います。サイドラやヘルツを捨てられるのも大きいです。

サイバーエルタニン

対象に取らず破壊もしない除去カードで、相手のカウンター効果を簡単に引き出せます。サイドラSS→メガフリートSS→エルタニンSSがまくりの常套手段です。

もちろん中終盤で切り札として使うことも可能です。サーチ出来るので、1枚は入れておきたいです。

壊星壊獣ジズキエル

Gで引けたらいいねって感じです。引いたら楽になる事が多いです。リペアプラントでサーチ出来るので、デッキに眠っているだけでも意味があります。

エマージェンシーサイバー

同名のターン制限がありますが、なるべくコアに召喚権を使いたいので3積みしています。

ちょっとお高いのですが、目を瞑ってポチりました。

サイバーリペアプラント

コアのサーチをサイバーロードフュージョンに回したい思惑があるので、こちらも素引きしたいですが、初動にならないので2枚で抑えています。

サイバーロードフュージョン

かなり火力を伸ばせるカードですが、被りはヤバイので1枚での採用になっています。

本家以外は除外されているとサイドラ扱いにならない点だけ注意ですね。

オーバーロードフュージョン

初動にならない点だけがネックですが、圧倒的なパワーカードです。サイバーロードフュージョンの登場で、除外にもメリットを見出せます。

パワーボンド

最強カード。最近の強化で戦い方にかなりの余裕が出てきたので、引くメリットよりも被りを嫌って2枚に減らしました。

ヘルツを素材にランページを出すと、優先権を譲らずにランページの効果にヘルツの効果をチェーン出来ます。

簡易融合、機械複製術

複製術の方がカ―ドパワーがありますが、こちらの動きが通る場合は大体オーバーキルなので、個人的には簡易の安定感の方を買っています。

エクシーズをサポート出来る優秀な2枚ですが、どちらも被りが怖いです。合わせて3~4枚と考えています。

墓穴の指名者

後攻を意識しているので、2枚で抑えています。

サイバネティックオーバーフロー

強力なカ―ドですが、ワンキルのコンセプトに合いません。コアでサーチ出来るので、Bプランとして1枚入れています。

手札誘発について

先攻に無茶苦茶されるリスクが常に伴うので、なるべく多く入れたいです。増殖するGを必ず引きたいので、デッキも40枚ピッタリにしています。

無限抱影には指名者が効かないメリットがありますが、ネクステアや銀河戦士のコストになる幽鬼うさぎとヴェーラーを選んでいます。

エクストラデッキ

サイバードラゴンノヴァ、インフィニティ

サイバーと言えばインフィニティみたいな所もありますが、超融合、壊獣、相手のメガフリートなども考慮すると脆い面もあり、とてもじゃありませんが制圧をメインプランには出来ません。

それでも吸収効果は実質的に打点を上げているようなものですし、相手の妨害を止められるので、ワンキルにも大きく貢献します。

しかしノヴァの方も実は強力で、打点の高さや被破壊時の効果はクソ優秀ですので、馬鹿の一つ覚えでインフィニティを重ねればいい訳ではありません。

状況に応じてって感じですね。(まぁ不安要素があるとすぐ重ねるんですが笑)

サイバードラゴンズィーガー

こちらも簡単に打点が伸ばせるカードです。 あってないような召喚条件と効果使用時の制約を、何かの間違いかと思い何度も読み直しました。笑

キメラテックランページドラゴン

パワーボンド、オーバーロードフュージョンの両方で最適解になりやすいです。好きな光機械を墓地に送って3回攻撃するバグカード。素材の緩さオバロ対応(闇属性)なのがツインとの決定的な差で、相手の魔法罠に触る効果もあるし、レベル5なのでエクシーズ素材にもなります。

2枚採用ですが、増やす事はあっても減らす事はありません。

キメラテックオーバードラゴン

昔はよくパワーボンドで手札のカード全部使って出してましたが、ランページとエタニティにその枠は持っていかれました。今はサイバーロードフュージョンで最適解になりやすいので入れています。義理で入れている訳ではありません。

キメラテックメガフリートドラゴン

簡単に1枚剥がせるので必須ですが、ワンキルするので1枚でいいですね。

サイバーらしい後攻用のいい強化でした。海外新規は、ぼくがかんがえたさいきょうのかーど感が否めません。

キメラテックフォートレスドラゴン

相手の協力なしで使うのはジズキエルの処理だけですが、打点の高すぎるので無視出来ません。ハリファイバーやディンギルスなども喰えるので、入れておいて損はないんじゃないでしょうか。

サイバーエタニティドラゴン

出すならサイバーロードフュージョンですが、ノヴァで出すカードがないのがつまらないから入れているのが本音です。簡易を使ってれば簡単に耐性が付くので、重いですがパワーボンドで出すこともあります。

ペアサイクロイド

簡易融合用です。パンツァーのつまらない効果より、パワーボンドで出して3200で直攻出来る筋を残しました。

転生炎獣アルミラージ

コアを直ぐに墓地に遅れるので、リペアプラントが使い易くなりました。それだけですが、とても大きいです。

クリフォートゲニウス、アーミライル

ズィーガーと違い、リンク先を2つ確保出来ます。

クリフォートゲニウスは地味ですが、私が圧倒的に信頼を置いているカードでとてもオススメです。

アーミライルはアルミラージを素材に出来れば他のカードでもいいですが、効果の方もとてもかみ合っています。

リンクリボー

コアを素材に出来るアルミラージのほぼ劣化です。ターンを渡す時に、棒立ちのネクステアやヘルツで出して生存率を高めるのと、身内戦のフォートレスを嫌って出します。何か入れたいカードがある時は、一番最初に抜きます。

入らなかったカード

サイバーレヴシステム、死者蘇生

初動にならないので、他の展開カードより優先度が低いと考えています。レヴシステムはサーチ可能ですが、他のカードを持ってきた方がいいです。死者蘇生は引けないなら枠を潰しているだけなので、レヴシステムより私の評価は低いです。

超電磁タートル

ランページで狙って落とせますが、ターンを渡す気はないので抜きました。ちょっとでも誘発やワンキル用のカードに枠を使いたいです。

ハーピィの羽根箒、ツインツイスターなど

伏せカ―ドはランページで触わるか物量で突破するつもりでいるので、メインからの採用は見送りました。絶対に有効or必要な場合のみ、サイドから入れるくらいでいい気がします。こいつらが足を引っ張ったせいでワンキルに届かなかったら本末転倒です。

サイバーエンドドラゴン、サイバーツインドラゴン

サイバーと言ったらこいつらだろって説教される事がありますが、ランページの所の解説が全てです。ノヴァで出す用に、リンクリボーの代わりにエンドを入れるのはアリかも知れません。

ABOUT ME
ラット
ラット
ブログの副管理人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です