テーマ研究

【遊戯王】占い魔女の判明カードと相性のいいカード探してみました!

副管理人のラットです。

今回はCOLLECTION PACK-革命の決闘者編-に収録される「占い魔女」についての記事になります。

何か最近、魔法使い族テーマの強化が多い気がしますね。

マジシャンガール、ウィッチクラフト、魔導、シャドールなどは使えるカードもありそうですので、そういった所も出来るだけ考えてみました。

「占い魔女」の概要

魔法使い族で構成されていて、ドロー、特殊召喚をトリガーにする共通効果を持っています。

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
~~~~~

(1)の効果はタイミングを逃す効果なので気を付けましょう。基本的に、トリガーになる効果をチェーン1にすれば大丈夫だと思います。

また、全てのモンスターが攻守共に0である事も共通しています。特に名称による制約はないので、必然的にテーマ外のカードも一緒に使う事になりそうです。

今のところ可愛い女の子だけで構成されていますが、コミカルな絵柄で、いわゆる「萌え」テーマという感じはなく、個人的には遊戯王らしさを感じました。

判明済み「占い魔女」カード

占い魔女ヒカリちゃん

効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、デッキから魔法使い族・レベル1モンスター1体を特殊召喚する。

ヒカリちゃんの固有効果は魔法使い族レベル1限定のリクルート効果です。コストを要求しますが、自身もコストに出来るので発動自体は簡単です。

しかし現状では、どのカ―ドをリクルートするつもりで作られたカードなのか分かりません。

一応リクルート候補を考えてみました。

ヒカリちゃん

稼働するヒカリちゃんが増えるメリットは現状ありません。圧縮にしかなりません。

エフェクトヴェーラー

チューナーなのでハリファイバーの素材です。どんな構築でも選択肢に出来ますね。

魔導術士ラパンデ

墓地に送られたとき、レベル3の魔導モンスターを手札に加えられます。リンクリボーで一瞬です。バテルはレベル2ですが、魔導はレベル3に優秀なやつが多いです。魔導書は総じて占い魔女と相性が良さそうです。

青き眼の乙女

青眼と一緒に入れると、地味に防御に貢献します。チューナーなのでハリの素材にもなりますね。他の青き眼のカードはより青眼に依存した効果で、リクルートには適してなさそうです。

占い魔女エンちゃん

効果モンスター
星2/炎属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

固有効果はセットカ―ドの破壊です。優秀ですが難しいです。

偶然めくれる事に期待するようなものではない気がしますし、手札からならコンボが必須なので、(2)の効果はオマケ扱いになるでしょうか。

占い魔女フウちゃん

効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
除外されている自分の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

固有効果は除外からのサルベージです。後述するアンちゃんを先に使っていれば、実質的に好きな魔法使い族をサーチ出来ます。

しかし2体の占い魔女の効果を発動させて1枚サーチだけでは割に合わないと思うので、他の相性のいいカードを考えたいです。

ウィッチクラフト

シュミッタとピットレは自身の効果で簡単に除外出来ます。ピットレはよりウィッチクラフトに構築がよっている必要がありますが、ドロー効果があるのでチャンスを増やせますね。

妖精伝姫ーシラユキ

タイミング遅めですが、サルベージ対象を簡単に確保できます。成金ゴブリンなどのドローカードを使うと思うので、除外用のコストは貯まりやすいはずです。同名のターン制限がないので、コストさえあれば蘇生と素材で使いまわせます。

闇の誘惑

除外とドローが狙えます。闇属性を多めににしたり、ディアールなどの「魔導」闇属性モンスターをサーチする工夫が必要です。

占い魔女スィーちゃん

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次の自分ターンのスタンバイフェイズまで除外する。

固有効果は、フィールドのモンスターの一時的な除外です。実質的に除去のようなもので、とても優秀です。

占い魔女アンちゃん

効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから魔法使い族モンスター1体を除外する。

固有効果は、デッキの魔法使いを除外する効果です。

除外される事で事件を起こせる魔法使い族はいない(おれ情報)ので、効果の方は基本的にフウちゃんのサポートにしかなりません。

☆5攻守0闇属性なので、存在自体がとても優秀です。

占い魔女チーちゃん

効果モンスター
星6/地属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。

固有効果は、お互いにドローする効果です。相手にも引かれますが、こちらはドロー自体がトリガーになりますし、単純にターンプレイヤーの方がドローの恩恵を受けやすいはずです。エアプですが強いんじゃないでしょうか。

占い魔女では一番レベルが高いので、後述する幸運の前借りを最大限に活かせます。

幸運の前借り

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「占い魔女」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターより元々のレベルが1つ低い
魔法使い族モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、次の自分ターン中、
自分は魔法使い族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。

とても強いカードです。なんと制約は次の自分のターン!

最初のターンはハリファイバーでもヴァレソでもやりたい放題やっていいんです。絶対に使いたいですが同名のターン制限は気になるので、採用枚数は2枚くらいでしょうか。

リクルートするカードは、組み合わせるカードから自然と見えてくると思います。

受け入れがたい結果

速攻魔法
(1):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合に発動できる。
手札から「占い魔女」モンスター1体を特殊召喚する。

手札の占い魔女を特殊召喚出来ます。ぶっちゃけ効率は悪いですが、手札を腐らせるよりは無理にでも使った方がいいです。案外使えるんじゃないでしょうか。

開運ミラクルストーン

永続魔法
(1):「開運ミラクルストーン」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの魔法使い族モンスターの攻撃力・守備力は、
自分フィールドの「占い魔女」モンスターの種類×500アップする。
(3):1ターンに1度、自分の「占い魔女」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

これは弱いです。まぐれか自爆特攻で(3)の効果を使えても、やっとラグありの成金ゴブリンです。打点上げるなら団結の力の方がましです。

相性のいいカード

全く挙げきれませんので、上で触れていないものから、テーマごとに特筆すべき1枚を選んで書きました。

チョコマジシャンガール

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1600/守1000
(1):1ターンに1度、手札から魔法使い族モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):1ターンに1度、このカードが攻撃対象に選択された場合、
「チョコ・マジシャン・ガール」以外の自分の墓地の
魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、攻撃対象をそのモンスターに移し替え、攻撃モンスターの攻撃力を半分にする。

手札交換でドローが狙えますし、残しておいても戦闘への耐性があります。通常召喚ももちろんですが、起動効果なので幸運の前借りで出しても効果を使えます。

ルドラの魔導書

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚
または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、
自分はデッキから2枚ドローする。

単体でも入れない理由が思いつきません。その他の魔導カードも相性がいいですが、どこまで入れるかは難しいですね。

レッドリゾネーター

チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/悪魔族/攻 600/守 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。

手札の下級占い魔女を簡単に特殊召喚出来るのがいいですね。使い終わったらハリファイバーにしましょう。

シャドールビースト

リバース・効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2200/守1700
「シャドール・ビースト」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
その後、手札を1枚捨てる。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

ドロー効果持ちで魔法使い族でもあります。シャドールフュージョンで落とす動きはシナジーなくても強いですから間違いないでしょう。少ない枚数でも出張が成立するので、メインデッキを変に歪ませる事もありません。先攻での渋さだけがデメリットですね。

成金ゴブリン

通常魔法
(1):自分はデッキから1枚ドローする。
その後、相手は1000LP回復する。

説明不要ですね。完全に入れ得だと思います。

チキンレース

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
(2):お互いのプレイヤーは1ターンに1度、
自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。

癖は強いですが、自傷版の成金感覚で使えます。

まとめ

攻守0故に単体では戦えませんから、テーマ外で勝ち筋を用意する事になるので、構築が面白いテーマだと思います。

関連カードは範囲が広すぎてアイデアだけ羅列する感じになってしまいました。

ガチでは使わないと思うので、好みで選ぶのがベストだと思います。

ABOUT ME
ラット
ラット
ブログの副管理人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です