最新情報

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードの効果が判明!OCG初のリンク5モンスター!

こんにちは!シングです。

7月13日発売の『CHAOS IMPACT(カオス・インパクト)に収録されるファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードの効果が判明しました。

リンク5はアニメではボーマンが初ですが、OCGではこちらが初のカードとなります。

早速見ていきましょう!

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードの効果

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード リンク5 闇属性
サイバース族・リンク ATK/3000
効果モンスター3体以上
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く。
②:このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、このカードのカウンターの数×2500アップする。
③:相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。
【左/左下/上/右下/右】

ファイアーウォールがリンク5になって登場!

リンク召喚成功時に墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数カウンターを置いて、その数×2500アップ!

プレイメイカーがアニメでサイバースマジシャン、サイバースクロックドラゴン、ファイアウォール・X・ドラゴン、サイバースクアンタムドラゴンを1度のデュエルで召喚してフルに活用していましたね。

カウンターを置く条件はやや厳しめですが、1個につき2500上昇なので1~2個でも十分な火力を確保できます。

マイクロ・コーダー、サイバネット・マイニング、サイバネット・コーデックが手札にあればカウンター4つのせた状態で召喚できるみたいです。

やっぱコーデックおかしい(笑)


蘇生させるわけではないので、轟雷帝ザボルグやおろかな重葬で落として使うこともできますが、そこまでする必要があるのかは微妙。

儀式採用のサイバースデッキなら他にも墓地で効果を使えるカードは多いので、おろかな埋葬くらいはありかもしれないですね。

相手がモンスターの効果を発動した時、カウンターを取り除いてそれを無効にすることができますが、ターン1がついていないことでちょっと騒がれています。

無効効果は普通に強いですが、バトルフェーダーや速攻のかかしなど手札誘発関連も完封できるも強いです。

基本的にはサイバース族のデッキの切り札として使うことになりそうです。


転生炎獣もシンクロ以外のエクストラモンスターは揃っている(儀式はほぼ使わないけど)ので、使おうと思えば使えますね。

転生炎獣もそろそろシンクロモンスターが来そうな感じはしそうですが、どうなのでしょうね?

カオスインパクトでリンク4のパイロフェニックスは収録される可能性が高いので楽しみです。

ABOUT ME
シング
シング
ブログの管理人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です