最新情報

【遊戯王】輝光竜セイファートと銀河衛竜の効果判明!まさかのミザエル強化!

こんにちは!シングです。

7月13日発売の『CHAOS IMPACT(カオス・インパクト)に収録される輝光竜セイファート、銀河衛竜(ギャラクシーサテライトドラゴン)の効果が公式情報より判明しました。

ここに来てまさかのミザエル強化ですね!

早速見ていきましょう!

輝光竜セイファートの効果

星4 光 ドラゴン族 1800/0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、ドラゴン族モンスターを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。墓地へ送ったモンスターの元々のレベルの合計と同じレベルを持つドラゴン族モンスター1体をデッキから手札に加える。②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の光・闇属性のドラゴン族・レベル8モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

①は手札、フィールドから任意の枚数ドラゴン族を墓地に送って、その合計レベルのドラゴン族をサーチする効果。

ドラゴン族ならなんでもいいのですが、自身も墓地に送れるのでとりあえずレベル4モンスターのサーチは余裕です。

特に暗黒竜 コラプサーペントはサーチしてすぐに特殊召喚できてワイバースターに繋げることが出来るのでおすすめ。

セイファート1枚から簡単にリンク2を作ることが出来ます、

テンペストを捨ててレベル7をサーチして、その後蘇生させるのもありですね。

具体的なことは控えますが、守護竜と組み合わせてかなり悪さしそうな効果だと思います。


②の効果は墓地の自身を除外して墓地の光か闇のレベル8ドラゴン族をサルベージ。

ぱっと思いついたのだとライトロードでしょうか?

適当に落としてジャッジメントドラグーンを回収出来たらかなり強そうです。

単純に強い混源龍レヴィオニアなどもいいと思います。

ドラゴン族なのでロムルスからの渓谷で自由に落とすことが出来るのがかなり都合いいですよね。

銀河衛竜(ギャラクシーサテライトドラゴン)の効果

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
ドラゴン族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のバトルフェイズに、フィールド・墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの元々の種族・属性がドラゴン族・光属性の「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。
バトルフェイズ終了時まで、相手が受ける戦闘ダメージは半分になり、
対象のモンスターの攻撃力は、そのモンスターの持つ「No.」の数値×100になる。
(2):相手エンドフェイズに発動できる。
デッキからカード1枚を選んでデッキの一番上に置く

召喚条件はドラゴン2体とかなり緩めです。

対象のドラゴン族・光属性の「No.」Xモンスター1体の攻撃力を「No.」の数値×100にする斬新な効果。

ドラゴン族・光属性の「No.」Xモンスターは以下の通り。

CNo.107 超銀河眼の時空龍
No.100 ヌメロン・ドラゴン
No.107 銀河眼の時空竜
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー
No.46 神影龍ドラッグルーオン
No.62 銀河眼の光子竜皇
No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン
No.99 希望皇龍ホープドラグーン


筆頭候補はタキオンとネオタキオンですね。

戦闘ダメージが半減になるものの、攻撃力10700を簡単に出せるのはやばいです。

ネオタキオンは10700で豪快な3回攻撃ができます。

20thシクのタキオンは高くなるかも?

(2)の効果はシンプルですがかなり強力なイケてる効果ですね。

デッキトップに置きたいのはやはり七皇の剣でしょうか?

特にカード指定もないですし、状況に合わせてデッキトップを操作できるお手軽デステニードローだけでも十分です。

相手のエンドフェイズに発動なので、無防備ならサテライトはほぼ場に残っていないと思いますが、リビングデッドや戦線復帰でケアしたいですね。

まとめ

セイファートはドラゴン族の可能性をさらに高めてくれる1枚になりそう。

守護竜で簡単にリクルートもできるので色々悪さしそうです。

銀河衛竜はタキオン使ってってことなんでしょうね。

ドラゴン族汎用でもあるので、ランク8が簡単に出せる青眼などにも入りそうです。

カオスインパクトのカードはダークフルードもそうですが、なかなかインパクトのあるカードばかりで良パックの予感がしますね。

続報を待ちましょう!

ABOUT ME
シング
シング
ブログの管理人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です