最新情報

【遊戯王】応戦するGがドラゴンリンク対策で流行っているらしい!シングル相場もジワジワ高騰中!

こんにちは!シングです。

リボルバーのストラク発売から2日が経ちましたが、みなさんリボルバーしてるでしょうか?

私はsinにヴァレット要素を入れようと色々考えていたのですが、中々うまくいきません…

今回はリボルバー発売で盛り上がっているドラゴンリンクデッキの対策で応戦するGが流行っていると聞いたので、色々調べてみました。

応戦するGの効果おさらい

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1400/守1400
(1):相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。

クラッシュオブリべリオンに収録されたノーマルレアで、20thスペシャルパック2でスーパーもあります。

相手が特殊召喚する効果を含む魔法を発動した時に手札から特殊召喚できるゴキブリ。

この効果で出した応戦するGが場にいる限り、ずっとマクロコスモス状態になります。

現代遊戯王は墓地のカードを利用して展開するデッキがほとんどなので、ダークロウやマクロコスモスのようなカードでノーダメージなデュエリストはかなり少ないです。

墓穴の指名者で無効にされないのも大きいですね。

万が一、破壊されても攻撃力1500以下の昆虫族・地属性モンスターをサーチできるのでみんな大好きな増殖するGでさらに妨害ができます。

効果だけ見ると非常に強力で、「なんで今まで使われてなかったの?」と思うほどですが、効果を使用できる条件が限定的だったので腐る可能性があったんですね。

「応戦するG流行ってるんだー、そういえば持ってたわ!」と思って私も自宅を探してみたのですが、対峙するGでした…(笑)

スポンサーリンク



なぜ応戦するGが流行っているか?

冒頭で述べた通り、リボルバーの新規カードを使用したドラゴンリンクデッキが流行っているからですね。

このデッキは守護竜リンクでレッドデーモンアビスやヴァレルロードサベージ、タイタニックギャラクシーなどの妨害カードを展開していくのですが、その過程で星杯の神子イヴが必須になります。

この星杯の神子イヴを安定して展開するカードとしてクイックリボルブや予想GUYのなどの召喚権を使わない展開魔法が使われることで応戦するGが注目され始めたって感じですね。

他にもブリリアントフュージョンだったり、イヴ展開でサーチできる星遺物の守護竜や星遺物を継ぐものなども挙げられます。

現在流行っている展開ルートだとSS魔法を使わずにアポロウーサで誘発をケアする動きは難しいので、ドラゴンリンク使いも応戦するGを意識して構築段階で色々研究をしているみたいです。

どこまで応戦するGが流行るかはドラゴンリンクの活躍次第ですが、現環境は1強というわけではないので、とりあえずサイドデッキに仕込むことが多いのが現状ですね。

スポンサーリンク



応戦するGの相場

応戦するGの現在のメルカリ相場はノーマルが1枚300円、スーパーが1枚1300円程度になっています。

今までノーマルは30~100円、スーパーは300~400円くらいだったので結構高騰していますね。

特にスーパーの高騰はすごいので、持っている方は早めに売った方がよさそうです。

環境依存のカードなので一過性の高騰かもしれませんが、大会参加者は早めに集めておいた方が良さそうです。

まとめ

今回は応戦するGが注目されている理由について書いていきました。

環境の変化でここまで注目されるカードが変わるのも遊戯王の面白いところです。

最近はドラゴンリンクだけでなく、特殊召喚を含む魔法カードを使用するデッキは多いのでとりあえず3枚は所持しておいてもいいかも?

ていうかドラゴンリンクって言い方めっちゃ好きです(笑)

応戦するGはジワジワ高騰中なので、欲しい方はお早めに!


ABOUT ME
シング
シング
ブログの管理人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です